年会費無料クレジットカードは、使わなくても問題はありません。
年会費が無料なのですから、損をすることはないためです。
年会費有料クレジットカードなら、使わなければ年会費の元を取ることはできません。

ただ年会費無料クレジットカードを全く使わないことによる、デメリットもあります。
それはクレジットカードの会員資格を失ってしまう可能性があることです。
クレジットカードには有効期限があり、与信審査後新しい有効期限のクレジットカードが自動的に送られてきます。
しかし全く使っていないと、有効期限が更新されないことがあるのです。
クレジットカードは使ってくれないと、クレジットカード会社の利益につながりません。
新しいクレジットカードを発行するコスト分だけ、損をしてしまうことになります。
今後もクレジットカードを使ってくれないと判断されると、会員資格を失ってしまうことになるでしょう。

また年会費無料だからとずっと使っていないと、その発行元のクレジットカードを発行しにくくなるリスクもありす。
入会特典目当てで発行する会員は、クレジットカード会社としては喜ばしくありません。
また発行しても使ってくれなだろうと思われると、審査通過が難しくなってしまうのです。
使っていない年会費無料クレジットカードのせいで、欲しいクレジットカードの審査に落ちてしまうのは困りますね。

クレジットカードは、最低でも年に1度くらいは使うのがおすすめです。
タンスにずっと眠ったままにしておかず、たまには使ってあげましょう。
1か月に1度は使うのが理想的です。

そして使っていない年会費無料クレジットカードがあると、無駄に利用枠が多くなるのもデメリットです。
利用枠が多いとクレジットカードの新規発行に悪い影響があることがあります。
今後も使う可能性がないのであれば、解約をしてしまうのが良いでしょう。
解約をすることにより、クレジットカードの新規発行がしやすくなります。

最後にずっと使っていない年会費無料クレジットカードは、紛失に気が付きにくくなってしまいます。
もし誰かに盗まれていても気が付かないため、不正使用されやすくなってしまうのです。
どうせ使っていなからと利用明細も確認していないと、知らないうちに不正使用されていた!なんてことになりかねません。
クレジットカードには不正使用時の補償がありますが、気が付いたのが保証期間をすぎてからだと、すべて自己負担になってしまいます。
使っていないクレジットカードであっても、なくなっていないかの定期的な確認は必要になるでしょう。